エスティマ 買取査定 ポイント

買取査定でチェックするポイント

車を売却する際は、自動車査定士に査定してもらって査定額が決まります。
査定士は車の傷やへこみ、事故歴や修理歴などをチェックします。
では、査定額をアップするにはどういったところを注意すればいいのでしょうか?

 

外装

ボディカラー、傷、汚れなど。ボディカラーは査定金額を大きく左右するポイントです。色褪せ、色むらが見られるほか、人気のある色ほど査定金額が高くなる傾向があります。ボディのへこみや傷、汚れの他、ランプ類、アンテナの破損、車高、ナンバープレートの変形、パネルの隙間、違法な改造がされていないかなど細かくチェックされます。小さなひっかき傷もプロは見逃しません。
しかし、高額査定をしてもらいたいからと言って、査定前に車体の傷やへこみを修理してもそれほど査定額がアップすることもありませんので、無理に直さなくても大丈夫です。
むしろ素人が無理に直そうとするのは傷を増やすだけなので避けてほしいそうです。ただ、市販の研磨剤などで簡単に消える小さな傷や浅い傷でしたら、消しておいても損はありません。
一方で、ランプやワイパー、ミラーの破損など走行に欠かせない部分は直しておいた方がいいでしょう。これらは直さずに走っていると違法になることもあるので、放置したまま使用していると印象が良くないそうです。

 

内装

シートやフロアマットなど、汚れがひどく交換が必要なレベルと判断されると査定金額が大幅に下がってしまうことがあります。
また見た目だけでなく、タバコやペットの臭いが染みついていないかなどもチェックされますので、市販の消臭剤などを使って臭いが残らないようにしましょう。

 

走行距離

走行距離も買取査定で重要なポイントです。走行距離が多いほど査定金額は下がり、少なければ上がります。

 

付属品・車に関する書類など

購入時に付いていた付属品は日ごろから大切にし、無くさないようにしましょう。
なかでも取扱説明書、整備手帳(保証書)、スペアキーなどは大切に保管しておきましょう。
査定士は車体を査定する前に、車に関する書類をチェックします。書類の有無によって査定金額に差が出ることもありますので、査定時にはきちんと準備しておきましょう。